仕事と趣味が楽しくなってきた

仕事は楽しく職場内の関係も良かったが、個々に与えられる仕事量の分配が偏り不満が募っていった。他の人より仕事をこなしているにも関わらず給料は同じ、また休みも少なく仕事へのやる気をなくし、このままだと迷惑をかけるし、早く辞めたいと思う気持ちしかなくなっていった。

正社員は簡単な仕事しかせず、就業中を無駄なおしゃべりをし、派遣やパートなどに責任ある仕事をさせるのも違和感を感じた。重要事項なども連絡されず業務に支障をきたすようになったため。

残業時間や休日日数、就業時間を主に重要視した。頻繁に求人が出ていないかも確認するようにした。交通手段をあるかも都市部以外には重要点だと思う。
転職をしても、これといった人間関係が改善されることはなく、どこの職場で働いても受け入れがたい人は必ずいるものだと思った。労働条件はある程度守られるが、有給など休みを取得する際に必ず理由を言わなければいけないなど、不満もあった。
転職したからといって、よかったという点はない気がする。

ハローワークインターネットサービスや求索、ジョブガイド、ジョブキタなど地方紙が運営している検索サービスなども利用していた。求人数が少なく利用しなかったが、本州の人などは、リクナビ、マイナビを利用しても、たくさんの求人がヒットすると思う。
これから転職する場合、絶対譲れない条件は何かを決めておくこと。少しでも違うと思ったところは、入社しても後悔すると思う。やっぱりあの時妥協したからかと。強い気持ちで望み自分の今後を見据えて、着実な活動をしてほしい。

医学論文の翻訳サービス
お預かりした原稿の専門領域や文書のスタイルに精通したネイティブチェッカーが担当いたします。
www.honyakucenter.jp/

«