生き方を考える

歳をとったせいか最近不意に、自分の生き方はこれで正しいのか、このまま同じ仕事を続けていっていいのか、なんて考えたりしてしまいます。
もちろん答えなんてないのですが……。
昔、まだ学生だったころを思い出してみました。

小学生のときは、何々になりたい、こんな仕事をしたい、という夢がたくさんありました。小学生なだけあって、現実的な夢ではなかったのですけど。
中学生に上がると、少しだけ現実を知ります。小学校のときのような無茶な職業ではなくて、まだ頑張れば就ける職業を夢として持っていました。

そして高校生になると、頑張ることが面倒になったり、どうせ頑張っても何も変わらないのだから、できるだけ楽に就ける職でいい、と考えました。
ついに大学生になると、最後の学生生活だから、を言い訳にして遊びまわり、結局、小学生から高校生の間に就きたいと考えていた職には就けませんでした。

どうして人間は(僕だけかも知れませんが)歳をとる度に、夢や目標がなくなったり下がったりしていくんですかね。
現実を知っていくのは大切なことですが、夢を見続けるのも大切なことだと思います。人間、希望がないと生きる意欲なくなりますもんね。
独りで発泡酒を片手にテレビなんか見ていると、こんなことばかり考えてしまってよくないですね。独り身なのをさみしく思っているんでしょうか。
そろそろ結婚した方がいいんですかね。ま、しようと思ってできるような人間ではないんですけど。

東京の食肉卸店
食肉卸店だから実現できる高品質の食肉を数多く取り扱っています。長年の実績による信頼と品質は負けません。
meat-kimura.co.jp/

«