ブラウザクラッシャー

僕はインターネットでよく調べ物をするのですが、この前変なことが起こりました。
見つけたサイトでURLをクリックすると、いきなりブラウザの画面が大量に出てきて、閉じられないようになりました。
この現象を調べてみると、このやっかいなものはブラウザクラッシャーというらしいですね。

変わったスクリプトでブラウザの動きをおかしくしてしまうみたいです。
誰が何のために作ったのかは不明です。

おそらく、ただのいたずらでしょうが。まったくはた迷惑なものです。
さらに調べてみると、アクセスしただけでコンピュータウイルスに感染してしまうものもあるみたいです。
怖いですねー。

僕のパソコンはウイルスセキュリティソフトを入れていないので(馬鹿ですね)、こういったことには気をつけないと。
いや、そもそもセキュリティソフトを入れたほうがいいですよね。
でも値段が高いんですよ。それに、パソコンの動きも遅くなりますし。
まあさすがに、アクセスしただけでウイルスにかかるということを知った今、セキュリティソフトを入れないことにはいけません。

ということで、買ってきましたよ。
財布は泣いていますが、これから先パソコンが泣く可能性は減るでしょう。
インターネット環境は便利ですが、色々やっかいなこともあるんだと知りました。
まだそれほど痛い目を見る前に気がつけてよかったです。
ウイルスにやられてしまってからでは遅いですもんね。

ブラウザクラッシャーさまさまでした。

«